小森造園 長野県内を中心に造園、外構工事、庭づくりのお手伝い。

草を機械で刈るなら

2018.09.07

草を機械で刈るなら

近年は若者の田舎離れや、農家の減少、

自分の畑を使用しない人が増え、長野市でも空き家・放置田畑が本当に増えました。

私の住む地区でも雑草だらけになり、そのまま放置された畑が目立つようになりました。

 

そのため、近年は空き家や放置された畑の管理の仕事が増えてきました。

空き家のお庭を剪定し、その際に家屋の損壊や器具の故障と言った不具合等が見つかれば

管理者様へ報告をするようにしています。

 

また、使用していない畑に関しても草刈り等の管理を行っています。

nagano-kusakari

【畑の草刈り風景】

上の写真は実際に畑の雑草を乗用の草刈機で刈っているところです。

 

畑も使用しないからと言って放置していると、伸びた雑草の種が隣の畑に落ちたりするので

あまり喜ばれるものではありません。

弊社ではそんな畑の草刈りも行っています。

 

注意しなければいけないのは、どのように草を刈るかです。

手で刈る

刈り払い機で刈る

乗用草刈機で刈る

おおよそですが矢印が下に下るほど経費が安く済みます。

結局人件費が一番かかるので、時間のかからない乗用草刈機でできればいいですよね。

 

しかし、その乗用草刈機も入れるところとそうでないところがあるので注意が必要です。

一つは、

・でこぼこしていない

ことです。乗用草刈機は前後のタイヤの間に回転体があり、それが地面すれすれで動いて草を刈るため、

でこぼこしていると腹がついてしまい作業ができません。

また耕運機をかけて間もないやわらかなところも沈んでしまうので入れません。

もう一つは

・土であること

です。砂利等は回転体に弾き飛ばされて周囲に被害を及ぼす可能性があります。

なので砂利を引いた広い土地は不向きです。

 

そもそも!砂利を引いた場所は鎌も草カキも使用できないので、手で取るしかありません。

余談ですが、敷地内の空いた場所に雑草が生えないように砂利を引くのは愚の骨頂です。

最終的に手に負えなくなるか、除草剤を撒くしかなくなるのでやめましょう。

やるなら下をコンクリや除草シートで養生しましょう。

 

話はそれましたが、乗用草刈機も入れる場所とそうでないところがあるので、

もし草刈りを依頼しようと検討している方がいれば確認をしましょう。

 

ちなみに弊社では草刈りの見積もり等も無料で行っているので、

相談のある方はお気軽にご連絡ください。

ブログをもっと見る

お問い合わせ

長野市、須坂市、小布施町、中野市、飯山市、千曲市、上田市
を中心に全国どこでも対応します。

電話でお問い合わせTEL 026-282-2139 営業時間 8:00~18:00
(定休日:日曜日)
造園の見積りをしたい まずは庭について
無料相談したい
無料相談はこちら お見積りはこちら
小森造園
6つの強み
無料相談 お見積り